クリーナーシュリンプ

海に暮らすクリーナーシュリンプと言われるエビは、淡水のエビと比べて繊細な模様や、色鮮やかな種類が多いのが特徴ですが、その中に面白いエビがたくさんいます

クリーナーシュリンプとして最も有名なのが、定番のスカンクシュリンプとホワイトソックスです。大体のショップで入手することができます。オトヒメエビもクリーナーシュリンプの仲間ですがクリーニングは活発ではありません。

キャメルシュリンプは、別名はスザクサラサエビで、体長6cmになるエビです。比較的低価格で流通が多いのですが、水質変化に弱いので注意が必要です。クリーニングは低床を担当します。

スカンクシュリンプ

スカンクシュリンプは、クリーナーシュリンプでは最もよく働いてくれます。別名はアカスジモエビで、7cm程の大きさになります。人工飼料を食べてサンゴと一緒に飼育できます。キャメルシュリンプより若干丈夫ですが、水質変化には弱いです。

ホワイトソックス

ガッチリした迫力のある体格のホワイトソックスの別名は、シロボシアカモエビと言います。大きさは8cm位になりクリーナーシュリンプとしての能力は、スカンクシュリンプに劣りますが丈夫で観賞性が高いエビです。

オトヒメエビ

オトヒメエビの仲間は、別名ボクサーシュリンプと呼ばれている。ボクサーシュリンプの大きさは7cmで、メスはオスより体が大きい。コケ取りにはあまり期待できなく、勇ましい姿で他のエビと喧嘩をすることが特徴でしょうか?同じ種類を入れる場合は、ペアにすると喧嘩をしません。他にはバイオレットボクサーシュリンプなど体が紫の美しい種類がいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA